分かりやすい授業はアタリマエ!一人ひとりに合った「カリキュラムとやる気」のコーチング方法があります。たとえば、この生徒さんの場合、志望校が「大阪大学基礎工学部 化学応用科学科」という超難関校。合格のポイントは「化学」をいかに早期に仕上げられるか。ここに注力して夏のカリキュラムを組んだおかげで、夏明けの理系数学や英文法や長文の対策にしっかりと時間を取ることができました。国公立大学受験のため、多岐に及ぶ受験科目の指導は、グループ校のAPマスターズでカバー。自習も含めて毎日通ってくれて、やる気もぐんぐんアップ!私立大学の押さえの「関西学院大学 理工学部」も合格していましたが、難化したと言われる最後のセンター試験で大成功。見事、第1志望校であった大阪大学に合格!APグループなら、やるべきことをやるべき時期にやれば、難関大合格も実現可能です!

弓田さん

【弓田さんの合格の声】

小学6年生のときからグループの個別指導SSゼミナールでお世話になりました。受験勉強が本格化する高校3年生になってからは、グループ校であるAPマスターズにも通いました。APでのプロの先生方による集団指導で着々と進捗を上げながら、SSの個別指導で苦手科目や特に力を入れたい科目を重点的に取り組みました。私は高3の8月まで吹奏楽部での活動で忙しく、勉強面に不安がありましたが、その分、先生方が早め早めにと、ご指導くださいました。 年間の学習計画や8月のマーク模試までに具体的に何をすべきかなどを一緒に考えていただいたことで、ライバルよりも短い勉強時間でも毎回の模試で成果を出すことができたと思います。また、推薦入試も視野に入れてやっていたため、面接や口頭試問の練習も丁寧に熱心にやってもらえたことで、大きな自信もつきました。化学に関する難しい設問が多くなる入試でしたが、プロの先生に指導していただけたおかげで、専門知識に関する口頭試問なんて無理だ!と思っていた私が、本番に堂々と話すことができ、自分でも驚きました。 SSとAPの先生は、分からないところがあれば、必ず分かるようになるまで教えてくださるし、いちも私たち一人ひとりを気にかけてくださいます。だから、すごくあたたかくて、授業も自習も通いやすかったです。これからは、私自身もSSゼミナールの講師として、自らの経験を後輩に伝えられるようにがんばります!本当にありがとうございました。これからも、よろしくお願いします!

 

圧倒的「大逆転合格力」!!

2ランク上の第1志望校に合格したいならAPへ!
入塾時の偏差値からの大逆転合格実績の一例です。(鳴尾高校以上の偏差値の例は省略しています)

※すべての合格実績速報は2020年の入試結果判明後に更新します。

西宮北高校  → 早稲田大学社会科学部           
西宮北高校  → 早稲田大学文化構想学部
西宮北高校  → 同志社大学社会学部 
西宮北高校  → 同志社大学政策学部
西宮北高校  → 同志社大学法学部                   
西宮北高校  → 関西学院大学社会学部
西宮北高校  → 関西学院大学法学部 
西宮今津高校 → 関西学院大学社会学部
西宮今津高校 → 関西学院大学経済学部       
西宮南高校  → 関西学院大学教育学部
甲山高校   → 関西学院大学理工学部 
芦屋学園高校 → 神戸大学発達科学部
芦屋学園高校 → 同志社大学文学部

その他、難関国公立大学、早慶MARCH、関関同立など合格者多数!


よくある質問

(1) 集団授業についていけるか心配なのですが?

「予備校」と聞くとハイレベルでついていけないかもしれないという印象を持つかもしれませんが、そんなことはありません。APは「少人数クラス制」を徹底しており、一人ひとりへ配慮が行き届く授業をしています。チューターも常設しており、いつでも質問できますので安心してください。大手でも活躍する楽しく分かりやすいプロの授業を間近で受けられるのはAPだけです。

(2) 入塾試験はありますか?

ございません。APは「通っている高校は関係ない!やる気と戦略だ!」というスローガンの下、どんな偏差値からでも大逆転合格を生み出せる仕組みをもっています。講座のレベルも細かく分かれていますので、今の自分の学力に合う講座をお受けいただけます。詳しくは、講師・講座紹介をご覧ください。

(3) 授業以外のときでも質問や自習はできますか?

はい、APでは難関大学に通う「チューター」を配置しています。質問や勉強方法だけではなく、先輩方の体験談など役に立つお話もしてもらえますよ。APは1月1日以外毎日開いています。いつでも自習に来てくださいね。何をすればいいか分からない、という方でも、一人ひとりにペースメイク(コーチング)していますので、ご心配なく。

(4) 部活との両立はできますか?

できます。むしろ、早くからコツコツがんばってください。部活が忙しい高1生や高2生のためのクラスもありますし、先輩方もAPではほとんど全員部活と両立して第一志望校に合格を掴み取っています。やるべき時期に、やるべきことをやれるように、APでは「コーチング」というペースメイクを通じて、個人の管理をしっかりと行なっていますので、「何から始めればいいか分からない」という方や時間のない方でも大丈夫です。

(5) 塾代は他の予備校と比べて安いのですか?

他と比べて特段安くはないですが、APは大手予備校と異なり、1講座から選べる月謝制です。1講座~ご受講いただけますので、ご予算やスケジュールなどに応じて最適なプランを提案させていただきます。「コーチング」という自主学習のペースメイクも行ないますので、自学で進められることは自学でやっていただきますので、無駄にたくさん受講いただくようなことはしません。志望大学に合わせて、「合格に必要な講座」を面談にて決定させていただきます。

(6) 授業を休んだ場合はどうなりますか?

集団授業ですので、原則、振替授業はありません。できるだけ欠席しないようにがんばってください。その上で、どうしても欠席しなければならなかったときには、講義を録画した映像で遅れがないようにフォローしています(すべての講義が対象ではありません)。また、教室に常駐しているチューターにアドバイスを受けながら、抜けてしまった授業を補完することが可能です。優しく親切なチューターばかりですので、気軽に質問してくださいね。

プロ講師・講座紹介

(在籍講師、講座の一例です)
現代文 林先生(ハイレベル・スタンダード)

現代文 林先生
(ハイレベル・スタンダード)

受験で求められる「読解力」とは何でしょうか?それは、問題として出題された文章の中から、筆者の言いたいことを真っ直ぐ受け取る力です。文章に書かれていることを理解するには、段落ごとの話題や、段落ごとのつながりを整理し、全体の段落構成を把握することが重要です。講義では、文章を正確に読み解き、書かれている意味を的確に理解できる力を劇的に伸ばします。現代文を得意科目にしたい方は、ぜひご受講ください


英語 大間先生

英語 大間先生
(難関大・ハイレベル)

前半期は、英語を理解する上での知識、思考法を基礎事項から徹底的に説明します。後半期は、得点力アップを目指し、スムーズで合理的な読解、解答ができるように、無駄のない読解法、解答法を徹底的に説明します。結果論から導く講師側に都合のいい説明・方法ではなく、諸君自身でできる方法、そして常に同じやり方で読む・解くといったスタンスを貫いていきます。同じやり方でやっているから、問題が解けるようになってきた時、「分かってきた」「成績があがってきた」と実感できるのです。教える側のエゴや、参考書の説明を無批判に受け入れることを排除し、自分の経験によって何が分かっており、どのような理解のプロセスをたどるようになったかを再考し、学生達に正確に伝えることを常に意識して取り組んでいます。 この一年で英語力をぜひ伸ばしたいという君。英語は勉強すれば誰もができるようになります。ただし、がむしゃらに勉強すればよいというものではありません。もちろん、単語・熟語を覚えることは必要です。でも、英語力を伸ばすためには、そのような知識に加えて、一定のルールを知り、そのルールに従って英語を理解する練習をすることが必要です。私が講義で教えるルールは、私自身が英語をどう理解しているのかを分析し、それを再現したもの、つまり、英語を理解する時の私の思考のプロセスそのものです。だから、それを自信を持って教えることができるのです。講義に持ってきてほしいものは、テキストと筆記用具と「英語を伸ばしたい」という気持ちです。教室でお会いできる日を楽しみにしています。


日本史 田中先生

日本史 田中先生

(1) 講座で目指すこと 「情報過多社会」である現代は、ストーリー(=作り込まれたこと)が氾濫しています。そこから正確な情報を判断・処理する能力を企業や大学は求めています。そこで私の授業では、膨大な情報量と高い難易度を持つ学校の日本史教科書を正確に読めるようになることを目標としています。一見、難しそうに感じるかもしれませんが、きっちりと手助けしますのでご安心ください。
(2) 授業で大切にしていること 私の授業では、歴史事象の因果関係を考えることに重点を置いています。これが俗にいう「歴史の流れをとらえる」ということです。文章のなかで歴史用語を処理することが、大学入試における日本史攻略の最大のポイントとなります。したがって、歴史用語だけを暗記することや、クイズ形式の問答で歴史用語を覚えることはしません。
(3) 生徒へのメッセージ 日本史という科目は1年間という短い期間で完成させる科目なので、これまでの経験や下積みは関係ありません。したがって、主要科目を苦手とする生徒にとってみれば、まずは日本史を得意科目にしておきたいところです。「先制攻撃で必勝」といきたいので、なるべく早めにご受講してください。

英語 古川先生(スタンダード)

英語 古川先生
(スタンダード)

難関国公立大学から日東駒専・産近甲龍などの中堅大学以上まで幅広く、英語を得点源にできる授業をします。「早く、正確に、そして楽に!」読みこなすためのコツをたくさん教えますよ。「当たり前のことを、当たり前にこなす人が一番強い」。そういう人間になってください。単語や構文の記憶すべきことは当然のこと、予習復習は徹底してください。また、ぜひ学んだことを学校でも生かしてみてください。他の人たちよりも早く身につきますよ。


進路指導部長 加藤先生

進路指導部長
加藤先生

『趣味は大学受験』と言えるくらい受験事情に精通しています。第一志望校に合格するためには、「必勝法」があって、それを知らずして戦うことはできません。また、APは分かりやすいプロ講師の授業を提供していますが、学力が伸びるのは、「講義を受けた後」の自学の時間です。ただやみくもに復習するだけではいけません。優先すべき科目は?何から着手して、いつまでにやればよいのか?何を使うのが効果的なのか?模試の判定には表れない「逆転合格の種蒔き」を徹底的にやっています。私のコーチングを受け、確実に実行してくれるのであれば、今の学力や通っている高校は関係ありません。

 

その他の設置講座ラインナップ(0学期~1学期)


● 英文読解 (難関大・ハイレベル・スタンダード・ベーシック)
● 英文法 (難関大・ハイレベル・スタンダード・ベーシック)
          ハイレベル・・・・関関同立などを目指す方が対象になります。
          スタンダード・・・産近甲龍・共通テスト(新入試)などで
             合格ラインを越えるための講座です。
          ベーシック・・・・学校レベルの基礎の基礎を徹底的に固めます。
● 世界史/日本史 (スタンダード)
● 化学/物理 (スタンダード)
● 現代文 (ハイレベル・スタンダード)
● 古文 (ハイレベル・スタンダード)
● 数学 (ⅠAⅡBハイレベル/ⅠAスタンダード/ⅡBスタンダード/Ⅲ)



まずは0円体験講習で、お試し体験ゼミ!

塾選びで迷われている方は、まずはお試し体験ゼミへ!
この春前だけのお得な費用で、APの本格的予備校授業を体験いただけます。

 


山中代表ブログ 講師募集
APマスターズ最新チラシダウンロード APマスターズ年間カレンダーダウンロード APクラブ入会登録
個別相談&説明会実施中!0798-75-4015


APマスターズのフェイスブックはこちらから
SSゼミナールのフェイスブックはこちらから
SSゼミナール


ページトップ